やわらかに かろやかに


 7月ヨガのお休みの時期に香川県の実家へ帰りました。香川には「こんぴらさん」があります。一般に初めてのこんぴらさん参りでは785段の階段を登って御本宮が最終点となりますが、その先に奥社があります。樹木が鬱蒼とした静かな山道の中、さらに583段の石段を約1キロ程進みます。「奥社(おくしゃ / おくのやしろ)」は通称であり、正式な名称は「厳魂神社(いづたまじんじゃ)」です。金刀比羅本教の教祖である厳魂彦命が祭られています。

 昨年もこんぴらさんに挑戦しましたが、途中で熱中症になり本殿にたどり着く前にあえなくリタイア。今年は梅雨が続き涼しさも手伝ってくれてれて、なんとか奥社までたどりつくことができました。体感としてヨガの成果が表れているようで、まず疲れてもギクシャクとした感じが出ませんでした。力を入れて階段など登り続けると、どこか痛くなったりするものですがそれがなく、筋肉が柔らかく軽やかな感じでした。私は鉄分貧血を持っているのでもちろん息は切れるのですが、関節の可動域が広がっているとからだの重怠さというものが違ってくるようです。

 去年のリベンジが果たせた事と、昨今流行りのパワースポットにお参り出来たことで気分よく帰ってまいりました。さとみ先生ありがとうございます。今年あと半年もまた成長させてくださいね!!


0回の閲覧